Members

Izumi

怒り心頭!  [ 落書き ]

2007/10/23

最近、政治や社会また食品業界やスポーツ界とさまざまなジャンルでの事件が

毎日ニュースとして取り上げられている。

亀田と言えば、「あられ・おせんべいで有名な亀田製菓」が知る人ぞ知る一般常識であった。

スポーツの世界でも勝ち負けが数値で出るものと、そうで無いものがある

勝ちたければ努力しかない。人の二倍も三倍も練習するしかないと僕は思う

八百長や反則はいかん!

言葉は悪いが、あの親子に再出発の道など僕は無いと願う

もしも、リベンジがあるとすれば社会人として一般常識を身に付けてからだろう。

マスコミの責任も大きい。なぜ一家をあれ程までに持ち上げたのか!

自分の器をしっかりと認識し、自分の手で夢は掴みたいものである。

スポーツ界だけではない!政界・財界のお偉方殿!接待ゴルフ200回

それはないだろー!遊びぐらい自分の金だせよぉー!

それにしても大好きな赤福には正直残念!

仕方ない!だんごで我慢しよう。

Entries of Category "落書き"

浜名湖ドライブ
奥多摩へドライブ
工房だより
ゴルフコンペ
工房開業準備

Comments

2007/10/23

戦国時代じゃ有るまいし、現代に、勝者・敗者の基準を持ち込むのは、時代錯誤の様な気がします。戦国時代なら、敗北=死と言う概念も正しいでしょうが、人は、神のあたえた「死」が訪れるまで、生き続けねばなら無いのです。しかし、多くの人々は、そう言った、勝者・敗者の錯覚の中に生きています。その錯覚が、生み出したのが、亀田父ではないでしょうか?その父の、考え方そのままに育った野蛮人といった印象を、小生は、以前から亀田兄弟に持っていました。経済的に豊かだから勝者、貧しいから敗者、こう云った考えから、社会が一歩進んだ「大人の社会」にならなければ、亀田親子に代表される人物達、たとえば、前防衛庁次官守屋など、まだまだ、別の亀田が、社会のあらゆる所で横行し続けるのでしょう。悲しい事です。. by つかさ

2007/10/24

つかささん、コメントありがとう御座います 美しい国造りは平成の時代には無理なようですね!. by izumi

2007/10/24

「イヤー」シリアスなセリフですネ。「亀タ゛」と言えば「鶴ヨ」、江戸の世に「八百長さん」という人が居て・・・・とか。「ご接待」魅力的な言葉?四国四十八箇所巡礼の旅、一番札所では見知らぬ巡礼者に「どおぞ」と言って菓子や飲み物が入った袋を地元の方が手渡してくれます。見知らぬ巡礼者に対する「ご接待」とか、見返りを求めぬ施しは仏の教えでしょうか。来福を他人ではなく、ひたすら自社に求めた醜さに「赤面の至り」でしょうか。世間の批判に溶けて消えた雪のようになるのでしょうか?. by ナナミちゃんのカカトト

Trackbacks

SMORI with Tokyo

powered by smori.com
www.smori.com
admin@smori.com